土地オーナー様へ

コンテナ設置の流れ

※建築確認対応型の設置事例です

1.基礎工事完了後

1.基礎工事完了後

基本的な基礎形状は布基礎になりますが、ここでは平屋建仕様の独立基礎にて施工しております。
通常のアンカー留め、2点・3点留めとなりますので、基礎工事の過程で精密な、作業と調整が必要となります。

※基礎上にある丸いものは「高さ調整用モルタル」であり、通称:まんじゅうと言われております。

2.コンテナ搬入作業

2.コンテナ搬入作業

現地の道路状況により、使用する車輌も異なり、基本的に使う車輌は大型ドレー車ですが、ここでは敷地、前面道路が狭いため4トンワイド車を使用しております。搬入したコンテナに専用の玉掛けフックを取付け十分な安全と注意を保ちながら、据付場所まで吊りあげます。

3.コンテナ据え付け作業

3.コンテナ据え付け作業

据付では各作業員がコンテナの角につき、慎重に立ち上がっているアンカーボルトに合わせて差し込んでいきます。

※ここで注意する点はコンテナ本体のベースプレートアンカーホールを同時に差し込むという細かく繊細な作業が要求されてきます。無理に差し込むとアンカーボルトが曲がったり、ねじ山が潰れてしまう可能性があります。

4.連結ボルト締め作業

4.連結ボルト締め作業

次に「座金」を入れ全周溶接し、その後「皿バネ」、「ワッシャ」をセットしたらステンレスナットを1つ入れます。 ナットを締める際はトルクレンチにて増し締めしていきます。

※その際の注意点は締め過ぎないように、トルクレンチを 70㎏fcm程度に調整しておきます。

最後に2つ目のナットをセットし、増し締めしたら基礎と コンテナ本体の固定が完了します。

5.連結部モルタル化粧作業

5.連結部モルタル化粧作業

最後の仕上げにコンテナ本体と基礎のと間にある高さ調整用モルタル(通称:まんじゅう)との 隙間をモルタルにて化粧して仕上げとなります。 余計なモルタルをそぎ取り、面取りすれば 左写真のように見栄えも綺麗に仕上がります。

6.設置(据付)完了後

6.設置(据付)完了後

これで、すべての作業が終わり最後に各部屋の機能性などのチェック(確認)をしていきます。 特に問題がなければ、ここで「確認書及び商品引渡書」 に御署名・御捺印を頂き、納品が終了致します。

※尚、商品の保証期間は引渡日から最大で1年間の保証がつきますので、安心して運営ができます。
※各機能部品により保証期間は異なりますので予めご了承下さい。