土地オーナー様へ

コンテナ事業の特徴

遊休地の有効活用をお考えのオーナー様にコンテナ事業事業のご紹介です。遊休地の代表的な活用は駐車場ですが、立地によっては十分な収益があがらない場合があります。こうした遊休地を効率よく活用する手段のひとつが、コンテナを利用したレンタル収納スペース事業です。

遊休地活用イメージ

コンテナ事業のメリット

メリット1 初期費用が安い
高い費用で建物を建てるのに比べ、イニシャルコストが低い
メリット2 オペレーションコストが低い
駐車場経営と同様、人件費などの維持管理コストを抑えられる
メリット3 ニーズの変化に柔軟に対応
移設が出来るので、一時的な土地活用として利用できる

コンテナ事業と倉庫業の比較

倉庫業

コンテナ事業

事業者視点
許認可が必要
設備費が高い
人件費が高い
許認可が不要
設備費が安い
人件費が安い
ユーザー視点
立地が不便
出し入れに制約
料金が高い
便利な場所にある
出し入れ自由
料金が安い

加瀬のコンテナ事業はここが違う!

直輸入
中国をはじめとしたアジア各国の製造工場との直接取引を行っております
スケールメリット
年間およそ2000ボックスの購入実績によるスケールメリットを活かし、低価格を実現しました
陸送
加瀬グループの運送部門およびその物流ネットワークによって、スピーディで低価格な陸送を可能にしました
設置
全国の設置協力店ネットワークにより、安全で迅速な工事をお約束します